案内
会長挨拶
入会案内

剣道専門分科会会報
専門分科会活動
剣道専門分科会の研究会や学会企画、特別企画などを報告します。


<第16回世界剣道選手権大会特別企画>
「剣道具を通して日本文化を知る
映像配信中

リンクを希望される方


リンクを御希望の方はこちらまで御連絡下さい.





平成30年度剣道専門分科会研究会のお知らせ NEW!!

平成30年度研究会を下記の日程で開催させていただきます。 研究会の詳細は、第2報でお知らせいたします。また会員の皆様には書面を持ってお知らせいたします。 皆様の奮ってご参加をお待ちしております。→イベントページへ

日 時:平成31年3月23日(土)15:30〜17:30 (日本武道学会 全国理事会終了後)
場 所:明治大学中野キャンパス 高層棟 307教室
テーマ術語 「budo」「 bujutsu 」について考える
    −Donn. F. Draeger の著述・修行を手がかりとして−

コーディネーター
   長尾 進氏(剣道専門分科会副会長/明治大学教授)
パネリスト(予定)
  Mr. Hunter B. Armstrong (Director, International Hoplology Society)
  Mr. Phil Relnick (Katori Shinto Ryu Shidosha Menkyo (USA), Jodo 7 Dan Kyoshi)
  Mr. Liam Keeley (Okuden mokuroku in Tatsumi ryu Hyoho)
コメンテーター
  酒井利信氏(筑波大学体育系教授)
  Alexander Bennett 氏 (関西大学教授)
言語:日本語および英語(通訳あり)

なお当日、18:00〜19:00、一階食堂で懇話会を予定してます。参加費は2000円で、フォーラム参加者はどなたでも参加出来ます。 併せて宜しくお願いします。

※本研究会は、長尾進氏「術語 budo の示す意味内容・概念の研究:武道研究国際化における再定義と発信」 (平成30年度科学研究費助成事業基盤C課題番号18K10941)との連動企画です。

交 通
JR中央線快速・総武線/中野駅(駅番号:JC06・JB07)下車 北口より徒歩約8分 東京メトロ東西線/中野駅(駅番号:T01)下車 北口より徒歩約8分
明治大学中野キャンパスアクセス

 

剣道専門分科会会報「ESPRIT2017」を公開

剣道専門分科会会報「ESPRIT」は、会員の皆様への送付後から1年の期間をおいて、ウェブサイト上で公開をさせていただいております。
本号には、剣道専門分科会会長からの挨拶、平成27年度の研究会「剣の理法を考える」の報告、特別企画として「最新若手研究の動向」として2名の会員が掲載されています。どうぞ、ご一読ください。(2018.10.17)

第51回日本武道学会 剣道専門分科会企画のお知らせ
終了しました。ご参加いただきありがとうございました。
日本武道学会第51回大会は、9月4日(火)〜5日(水)に東京学芸大学で開催されます。剣道専門分科会では、下記の日程で、総会および剣道専門分科会企画を開催いたします。今回は、坂東隆男先生(大阪大学)にご講演をお願いしました。是非ご出席いただけますよう、お待ち申し上げます。

テーマ 「剣道における姿勢の研究とその展開について」
講師  坂東 隆男 氏(大阪大学教授)
司会  宮本 賢作 氏(香川大学准教授)
日時  平成 30年 9 月 5日(水)15:00〜16:30
場所  東京学芸大学
 C201(C棟2階)

 →企画紹介ページ

日本武道学会剣道専門分科会研究会のお知らせ
終了しました。ご参加いただきありがとうございました。


日本武道学会50周年記念行事の開催に伴い延期しておりました平成29年度研究会を、下記の日程で開催させていただきます。奮ってご参加ください。

日 時:平成30年5月26日(土) 15時〜(予定)
    (質疑応答を含む)
     ※開始時間は前後することがあります
場 所:明治大学 駿河台キャンパス研究棟 
    2階 第9会議室
テーマ:
 江戸時代における撃剣と剣術の相克と融合
    〜剣道演武『地稽古』の成立にかかる  
           文献資料からのアプローチ〜

講 師:榎本 鐘司 先生(南山大学教授
コーディネーター:奥村基生先生(東京学芸大学准教授)
交 通:JR中央線・総武線、
     東京メトロ丸ノ内線/御茶ノ水駅 下車徒歩約3分 
     東京メトロ千代田線/新御茶ノ水駅 下車徒歩約5分 
     都営地下鉄三田線・新宿線、
     東京メトロ半蔵門線/神保町駅 下車徒歩約5分




「絵図と写真に見る剣道文化史」販売開始のお知らせ(全日本剣道連盟)

本会会員の先生も多く制作に関わられました「絵図と写真に見る剣道文化史」が刊行されました。剣道文化に関するさまざまな絵図と写真などをふんだん使って視覚に訴える一書です。第1章では、太刀・刀、木刀、撓・竹刀について、第2章では剣道具、第3章では道場について、剣道文化に関するさまざまな絵図と写真などをふんだん使って紹介されています。 以下のリンクからお尋ねください。

「絵図と写真に見る剣道文化史」案内(全日本剣道連盟サイト)

天理大学体育学研究科公開特別講演のお知らせ

本会に関連する研究会のお知らせです。
天理大学体育学研究科で公開特別講演が開催されます。一般公開となっておりますので、どうぞご参加ください(2017.12.11)。
日時:平成29年12月15日(金)16:30〜18:00
場所:天理大学体育学部 63B教室
詳細:天理大学体育学研究科ホームページ

 

全日本剣道連盟主催 第16回剣道文化講演会のお知らせ  終了しました。

第16回を迎える全日本剣道連盟剣道文化講演会が以下の日程で行われます。今回は剣道専門分科会顧問の大保木輝雄先生を迎え「@今の剣道ーなにがその特性と価値なのかー」をタイトルに講演会が行われます。本会関係者の皆様のどうぞご参加ください(2017.11.23)。
日時:平成29年12月2日(土)14:00〜15:30
場所:ベルサール飯田橋ファースト(入場無料)
詳細:全日本剣道連盟ホームページ

 

平成28年度剣道専門分科会会報「ESPRIT2016」を公開しました。

剣道専門分科会会報「ESPRIT2016」を公開しました。
本号には、剣道専門分科会会長挨拶、平成26年度の研究会「民間活字メディアからみた剣道」の報告、海外研修報告として「ニュージーランドのスポーツと剣道の捉え方(齋藤実氏)」が掲載されています。どうぞ、左の表紙よりご一読ください。(2017.10.10)
 


平成29年度剣道専門分科会企画のお知らせ
終了しました。ご参加いただき、ありがとうございました。

日本武道学会第50回大会は、9月6日(水)〜8日(金)に関西大学千里山キャンパスで開催されます。剣道専門分科会では、下記の日程で、総会および剣道専門分科会企画を開催いたします。今回は、前林清和先生(神戸学院大学)にご講演をお願いしました。是非ご出席いただけますよう、お待ち申し上げます。

テーマ 「わが国の伝統的武道における身体と心」
講師  前林 清和(神戸学院大学)
日時  平成 29年 9 月 8日(金)14:30〜16:00
場所  関西大学千里山キャンパス100周年記念会館


 →イベントページ


日本武道学会の元副会長を務められ、剣道専門分科会の会長としても広くご貢献をされた杉江正敏先生の遺稿『写真と記事でたどる武道の近代史』(日本武道館)が刊行されました。武道がどのように近代化へと歩みを進めてきたのかを明らかにするための貴重な基礎資料集です。右の画像から詳細(pdf)をご覧いただけます。    

武道文化に関する様々な知見を日本語と英語のバイリンガルで発信するウェブサイト「BUDO WORLD」とリンクしました。

BUDO WORLDでは、
5月18日から第16回世界剣道選手権大会の特別企画として行なった「剣道具を通して日本文化を知る」で上映され大変な好評を得た映像を公開しております。どうぞご覧ください。
刀剣にこめられた日本人の心(42分)
剣道具にみる職人の技と心(60分)
The heart and technique of Kendogu Craftsmen (60min)


  

日本武道学会剣道専門分科会研究会のお知らせ
終了しました。ご参加いただき、ありがとうございました。

平成28年度の研究会は下記の日時・場所にて行います。会員の皆様の奮ってのご参加をお待ち申し上げます。

日 時:平成29年3月18日(土) 15:30〜17:30(予定)
    (質疑応答を含む)
     ※開始時間は前後することがあります
場 所:明治大学 駿河台キャンパス 研究棟4階 第2会議室
テーマ:「剣の理法を考える」
講 師:大保木輝雄 先生(分科会会長,埼玉大学名誉教授)
交 通:JR中央線・総武線、
     東京メトロ丸ノ内線/御茶ノ水駅 下車徒歩約3分 
     東京メトロ千代田線/新御茶ノ水駅 下車徒歩約5分 
     都営地下鉄三田線・新宿線、
     東京メトロ半蔵門線/神保町駅 下車徒歩約5分


剣道専門分科会会報「ESPRIT2015」を公開しました。
本号には、 ニュージーランド剣道連盟会長のグレアム・セイヤー氏 を招いた研究会 「外国人武道家が捉える剣道の競技としての特性と日本文化としての特性」 、The16thWKCに合わせて行われた企画 「剣道具を通して日本文化を知る」 " Exploring Japanese Culture through Kendo Equipment " が掲載されています。また、特別企画の「剣道具豆知識」では、剣道具に関する材料などを写真付きで紹介しています。どうぞ左の表紙画像より、ご覧ください
。(2016.12.4)



<過去の報告/Back Number>



  





武道学研究第1巻から
検索できます

(J-STAGE)



パートナー新着情報

剣道時代発売中!
分科会刊行物

「剣道を知る事典」
東京堂出版


正誤表は こちらから
ダウンロードできます。

関係団体・学会など



パートナー
剣道時代




月刊剣道時代
パートナー募集中
 本ページは日本武道学会剣道専門分科会が運営しています.
copyright(c) 日本武道学会剣道専門分科会
Division of KENDO, Japanese Academy of BUDO